2018年08月09日

20180809吟1

最近、上野に出没する機会が多い。そもそも冬に自分で美味しいモツ鍋を作りたいと思い、都内で新鮮な肉を購入できるお店を探していたところ、『上野肉店』がヒットし訪れた。この時は上ロース、上カルビ、ギアラを購入し、肉屋さんで購入したお肉でも十分自宅で焼肉を堪能できることを実感できた。その後上野肉店あたりの東上野コリアンタウンの『京城苑』に訪問。店舗内の昭和オーラにびっくりしながらも、その肉の美味しさに舌鼓を打った。そして、先日発見した新規の焼肉『我が家』。このお店では、中落ちカルビのジューシーさに驚愕した。つまり、上野エリアでは肉続きだった。

そして今回、しっとりとしたワザの光る和食店を探して見つけたのがこの貝専門店『』だ。貝専門というと、新宿三丁目の『はまぐり』が有名だ。三度ほど行ったことがあるが、ここには貝の奥深さを教えてもらった。今回の吟は、その繊細な料理の技術、良心的な価格、店員さんの対応、そして何より日本酒時間無制限飲み放題という特典に驚いた。しかもメニューに掲載されている日本酒銘柄は全国津々浦々で、大吟醸まで対象になっていて3240円だ。是非、次回にトライしたいと考えている。

 

20180809吟2
▲突き出しも上品なお味

20180809吟3
▲トマトの浅漬け。トマトをこんな調理で頂くのは生まれて初めて

20180809吟4
▲牡蠣のバター炒め。ほっこりしてて美味しい

20180809吟5
▲しじみの醤油漬け。渋谷、新大久保の『麗郷』が懐かくなる

20180809吟6
▲これは、野菜のかきあげ。これは美味しかった!油が良いのだろう

20180808吟7
▲これは『シッタカ』。ミニサザエのようで、堪らない。レギュラー確定!『トコブシ』はなくて残念

20180808吟8
▲貝飯。ホクホクで、貝の出汁がたっぷり出ていて幸せな気分になれる珠玉の逸品

このお店は、たぶん一生つき合うと思う。そもそも貝専門店が都内には少ないのと、それを良心的な価格で出してくれ、かつ美味しいお店はかなり希少価値があるからだ。そして何より、新鮮で美味しい貝を食べていると“日本人に生まれて良かった”と思えてくるから不思議だ(笑)。大吟醸アリの日本酒飲み放題コースも、有難いことこの上ない。東上野、恐るべし。