2018年07月21日

20180720わが家1

 

連日各地で35度超えが続く今年の猛暑。京都では、8日連続の猛暑日になったらしい。熱中症で救急車による搬送者も相次いでいる。そんな暑さを跳ね返すには“肉のパワー”に頼るしかないということで、この日は上野の焼肉ストリートへ。

前回は上野肉店のある東上野のコリアンタウンを攻めたが、この日は松坂屋デパートのある上野広小路から1本裏に入ったエリアを攻めた。ここはハラミが最高に美味い『焼肉やまだ』、厚切上タン塩で有名な『上野大昌園 上野別館』などの有名店が並んでいる。みんな考えることは同じなのか、各焼肉店はなんと午後19時過ぎで全て満員状態!そんな中、二人の女性があるお店の扉を開けて出てきた。上を見ると、『わが家』の名前が。聞いたことはない焼肉店の名前だったが、贅沢は言っていられない状況だったのでとりあへず入ってみることに。これが予想外の展開に!

20180720わが家2
▲飲み放題を前面にアピールしたお店の正面

20180720わが家3
▲まず頼んだのが、この「中落ちカルビ二人前」1700円。本場のように焼いてハサミで切るのだが、最高の味!

20180720わが家4
▲この桃色に光った赤身とサシの入り方がヤバイ

20180720わが家5
▲ハラミ二人前。これでも十分美味しい

20180720わが家7
▲リブロース切り落とし一人前。これを下の卵と絡めると絶品

20180720わが家6
▲品名は忘れたが、玉ねぎと卵の絡みが美味しい。この卵と肉を絡めると、すき焼き風にも楽しめる

20180720わが家8
▲うどんサラダ。これが大当たりで、ごま油とレタスが上手にからみ、うどん麺もきしめん風で美味しい

20180720わが家9
▲あまりに美味しそうな品々が多いので、次回訪問のためにメニューを撮影した

20180720わが家10
▲このタコ炒めは是非次回食べたい

20180720わが家11
▲ここは次回右下にある味付けケジャンにトライしたい

20180720わが家12
▲次回は絶対海鮮チジミは食べてみたい

20180720わが家13
▲カルビスープ、コムタンスープは冬には最高だろう

20180720わが家14
▲ピピン冷麺もある。のり巻きもあるのが嬉しい

 

店内はほぼ韓国系の人が8割以上という感じ。こんな美味しいのになぜ日本人が少ないのかと思いきや、食べログでチェックしてみるとほとんど写真がアップされておらず、知名度がまだないのかも知れない。お店の人に聞くと開業17年らしいので、そこそこの歴史はある。予約の取り合いの苦労がない、隠れ家的な良店を見つけた気がした。