2014年01月23日

20160302オールナイトフジ

とんねるずが出演するようになった『オールナイトフジ』は、ブレイクし始めた。

オールナイトフジ『オールナイトフジ』とは、1983年4月2日にスタートしたフジテレビの伝説的番組だ。放送時間は土曜日の深夜で、主な出演者は片岡鶴太郎、とんねるず、秋本奈緒美鳥越マリ千堂あきほ松本伊代山崎美貴麻生祐未、中村あずさ、設楽ハル子、ウッチャンナンチャンB-21スペシャル田代まさし桑野信義ダチョウ倶楽部所ジョージ黒木香など、その顔ぶれの豊富さはタレントプロデュースの熱い場所だったことを彷彿とさせる。

この番組では、テレビ史に残る数々のパニングが発生した。

松本伊代が、本を出版した。そしてワイドショーの記者が取材に来て、質問した。

「今度出版された本は、どんな本ですか?」

「まだ読んでいないんです」

「…」

また番組内でもチンプンカンプンなPRをして、鶴太郎に突っ込まれた。

「まだ見たこともないんですけど、面白いので買って下さい!」

「あれ、読んだこともないのに、なんで面白いってわかるの?自分で書いた本だよね?」

「…」

とんねるずにも、有名なハプニングがある。

オールナイトフジの放送中、「イッキ!」の歌唱でエキサイトした石橋が1台1500万するテレビカメラにしがみつき、倒して破壊してしまったのだ。その瞬間さすがのとんねるずも真っ青になったが、カメラは司会の松本伊代にスイッチした。その時「はい、どうもありがとうございました~」と切り抜けたらしい(笑)。ちなみにそのスタジオカメラ修理費用は500万以上にのぼり、始末書を5枚書かされたとのこと。

そんなハチャメチャなパワーが、オールナイトフジにはあった。そして出演している女子大生はオールナイターズとして、歌をプロデュースするようになっていく。

◆とんねるずの何でもベストテン ~ 一気!”カメラ転倒” 【19850119】