2013年12月18日

20160223学生議論

ターゲット学生で編成された学生プロジェクトチームによる、新日鉄採用ホームページのリニューアル企画書。

浮き彫りになった課題を、どう解決するか。

より学生にとって親近感が持てて、見たくなるものへ。そして楽しみながら新日鉄を感じ、知らないうちに理解できるものへ。そんなホームページになれば、結果は自ずからついてくるに違いない。

ex2

そういった方向性から誕生したのが、以下の企画だ。

・『キミは何問解けるか!新日鉄クイズ』

・『キミの専攻と職場が直結!学びと仕事の相関図鑑』

・『今、初めて明かされる!動画で見る新日鉄の現場』

・『新日鉄は商社マンみたいなこともやっている!新日鉄版プロジェクトX』

これらは全て、新日鉄のホームページを研究し、“学生達の知りたいこと”をベースに考えた企画だ。

『キミは何問解けるか!新日鉄クイズ』企画は、女性社員を立てて、新日鉄に関する知られざる一面をクイズを通して理解させようというもの。

学生は、やはりゲームが好きだ。どれくらい解けるかという仕掛けを面白く表現することで、サイト滞在時間を飛躍させることを狙った。

『キミの専攻と職場が直結!学びと仕事の相関図鑑』企画は、学生の切実なニーズからくるものだった。

新日鉄のターゲット学生は、旧帝大及び早慶の理工系院生が多くを占めた。彼らは、自分達の専門領域に誇りを持っており、その技術が入社する企業でどう活かされるのかに大きな関心がある。誤解を恐れずに言えば、優秀な学生ほど給料よりもそちらを重視する志向があると言ってもいい。

『今、初めて明かされる!動画で見る新日鉄の現場』企画は、写真だけではなく動画ならではの躍動感で、新日鉄の仕事のやりがいを感じてもらおうというものだ。現在はiPadでは見れないFLASH以外の動画技術が発達しているが、当時はまだM-PEGだった。

千葉の君津や九州、名古屋の製鉄工場の現場の生々しい生産工程を動画で見せるこの企画は、学生達の要望も強かった。やはり仕事現場というものは、人生の多くの時間を使う場所でもある。それだけに、その雰囲気を事前に知っておきたいという想いには、自分も共感した。

『新日鉄は商社マンみたいなこともやっている!新日鉄版プロジェクトX』企画は、製鉄だけではなく、発展途上国における各種プラント、風力発電等、イメージとはかけ離れた新日鉄の魅力を、プロジェクトリーダークラスにインタビューすることで浮き彫りにしようというものだ。これは事前に関係者にヒアリングし、幅広い学生層を集めるために欠かせない企画だと考えた。

これらの提案をどのように伝えるか。プレゼンも、同じくらい重要だと感じていた。