2015年01月20日

1月8日から4泊6日で、シアトルに滞在した。

グアム以外のアメリカは初めてで、いろんなシーンで刺激を受けた数日間だった。

忘備録も兼ねて、このブログにその模様を記したい。

DSC_0337

シアトル空港から航空博物館へ向かう途中。シアトルの天気は、いつも曇りがち

DSC_0339

ボーイング発祥の地にある航空博物館。まず、そのスケールの大きさに目を見張った

DSC_0341

航空博物館に入ると、いきなり実機が目の前に

DSC_0346

機体の部品も展示されている

DSC_0349

航空機だけでなく、ポスターなどの周辺の文化的資料も

DSC_0350

ライト兄弟の飛行機の模型だったような

DSC_0355

当時のパイロットの服装

DSC_0376

あのスペースシャトルも。このプロジェクトにはロシアも参加していた!

DSC_0379

英仏共同開発の音速ジェット旅客機コンコルド。採算性が合わず、サービス廃止に

色々発見があって、非常に興味深かった。

やはりテレビやインターネットで見るのと、実際に見るのとでは迫力と吸収力が全く違うことを思い知らされた。