2014年11月07日

20160314キーワードインデックス

インデックス推移

WEBマーケティング界の王道は、「努力するものは、必ず報われる」だ(笑)。

グーグルアナリティクスで継続的に推移を観察すれば、コツコツと自分が面白いと思えるコンテンツを自分の言葉で作成し続けると、ヒット数の曲線がゆっくりと右肩上がりを描いていく。

そのコンテンツは、自社のサービスの優位性や成約につながるキーワードを軸として作成していく。核となるキーワードと補佐するキーワードが連動し、自然検索経由で流入するユーザーが徐々に増加していくと理想だ。

そしてそのコンテンツの継続的生産が、500ワードから600ワードを1単位としたインデックスとして認識され、集客力の基盤になっていく。

つまり、「キーワードとインデックス」は「質と量」という関係性を持っている。

キーワードの選定については、大手企業と被らず、かつ求心力のあるものを設定する必要がある。ポイントを以下に記したい。

・競争優位性を示す単語+業界名
・競争優位性を示す単語+エリア名
・やりたい仕事のプロセス名
・高度な技術用語+自社商品名の複合キーワード
・自社独自の制度+自社業界名の複合キーワード
・競争優位性を示す言葉

採用力に直結するお宝キーワードが見つかると、WEBは大きな経営資産に育つ可能性がある。

重要キーワードの検索上位表示サイトの分析も、有効な手法だ。