2014年09月27日

20160303サービスコンセプト

パワーポイントデザイン サービスコンセプト

1枚企画書というものがある。

文字通り、1枚で企画の趣旨を伝えるというものであるが、パワーポイントデザインの表紙にも似たような機能が求められる。

つまり、一目でサービスの魅力が伝わるようにするということだ。

重要なポイントは、1枚のスペースに必要な要素を書き込めば良いということではなく、余白を生かした広告的な設計が求められる点だ。

パワーポイントデザインを制作するためには良質な情報が求められるが、同時にセンスも求められる。この場合のセンスとは、デザインセンス、コピーセンス、ユーモアセンスを意味する。

個人的に長年の経験から感じることは、「何を伝えるか」も大事だが、それ以上に「どう伝えるか」がより重要だということ。

今回のパワーポイントデザイン事例は、インターネット、特にスマートフォンは今や新規顧客獲得を考える上で欠かせないプラットフォームであり、そこを視野に入れたWEB対策を打ちましょうという提案のものだ。

その趣旨を、ちょっとユーモラスに可愛らしくデザインした。

いつも最高のクリエイティブが実現できるとは限らないが、自分で「今回のは、美しいな」とか「ユニークなものができた」と感じるものは、大抵相手もそう感じているケースがほとんど。

自分の心にいつも正直であることも、重要なスタンスかも知れない。