2014年08月22日

20160228ビジネス

20140822代1

昨日は、NHKのドキュメンタリーを手がけている会社と打ち合わせ。

新しいコンセプトのポータルサイトを立ち上げる準備を、一緒に進めている。

そのための企画書を作成し、打ち合わせに臨んだ。

今回の打ち合わせで強く感じたのは、“ユーザー目線の大事さ”と“オリジナリティ”だ。

現在、インターネット上には無数のサイトが存在している。

目立たせるためには、広告とコンテンツの大量制作による自然検索である程度はカバーできるが、“新しさ”がないと新たなファン層をつかむことはなかなか難しい。

そういう意味では、今回のサイトはかつてない特徴を持っているので、ヒット数がどう伸びるかワクワクしている。また、そのプロデュースを一任された責任を重く感じる。